第14代同窓会長

永利会長写真(青)

永利 新一(高12回)

 平成25年8月10日の三池中学、高校同窓会で第14代同窓会会長に選任されました永利でございます。三池校も大正6年に創立され今年96年目で4年後には100周年を迎えます。卒業生も3万3千人に達し、各界各層で幾多の人材を輩出し、活躍され、輝かしい歴史が築き上げられています。この度会長の大役を仰せつかり責任の重さで身の引き締まる思いです。母校も創立以来「進取」「至誠」「自治」を校訓として「たくましく時代を拓く人間たれ」を校是として厳しい指導のもと多くの素晴らしい人材が生まれ、これまでの人達の努力の結晶が三池校の伝統、風土となり、高い評価を受けるようになっています。歴史と伝統は一朝一夕で出来るものではなく在校生、卒業生夫々の日々の精進努力の結果生まれています。このことをしっかり肝に銘じておかねばなりません。戦後68年経ち私達を取り巻く大牟田の環境は大きく変化しています。22万人いた人口も石炭閉山等の影響で11万人を切るようになり、少子高齢化の影響で毎年恐大幅に子供の数が減少し、生徒数の不足で小学校、中学校,高等学校の統廃合が進み、環境が大きく変わって来ています。中学から高校へ進学する時、かつては行ける学校が指定されていましたが今は久留米から荒尾地区まで選択出来るようになっています。進学率も高くなり熾烈な進学競争が広範囲の中で行われています。学校も校訓、校是をもとに進学、クラブ活動等に力を入れ、たくましく時代を拓く人間たれと必死の努力をされています。同窓会としてもこの現実をしっかり見つめ、共に何が出来るか真剣に考えて取り組んでいかねばならないと心新たにしている所です。4年後に100周年を迎えます。これを機会に学校、生徒会、PTA、同窓会が一体となり取り組んでいかねばならないと思います。100周年を一つの契機に母校の向かう方向を見いだしていきたいと思います。同窓の絆を再認識し、絆を強め、これからの時代をたくましく拓く人間になるよう切磋琢磨しながら努めていきたいものです。同窓生の皆さんのご指導、ご協力の基に精一杯任務遂行に努力することを誓い、挨拶とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。H28同窓会役員一覧